プロフィール

師範 波照間 永子


《プロフィール》

1969年生まれ。沖縄県出身。幼い頃から洋舞を学び、大学入学を機に上京、志田房子師に琉球舞踊を師事する。お茶の水女子大学大学院 (舞踊教育学・動作学専攻)を経て博士(学術)取得。2000年、沖縄タイムス芸術選賞新人部門最高賞。2004年、琉球舞踊 重踊流 教師、2007年、師範免許取得。志田房子関連の国内外の公演に多数出演する他、明治大学情報コミュニケーション学部・同大学院、お茶の水女子大学文教育学部、沖縄県立芸術大学大学院にて、琉球舞踊の教育研究に携わりながら、戦前戦後に活躍した女性舞踊家の足跡を研究中。重要無形文化財 「琉球舞踊」 伝承者。

近著:「志田房子作 琉球舞踊《鎮魂の詞》の表象-空間・音・身体の重層性」『比較舞踊研究』第25巻 比較舞踊学会 2019年。「琉球舞踊における『女芸』の成立と展開」『沖縄県史 各論編8 女性史』沖縄県教育庁文化財課史料編集班編 2016年

 

《主な舞台歴・受賞歴》

  • 2002年 ACC日米芸術交流プログラムFellowship Grant Award<沖縄舞踊研究>
  • 2004年   国際交流基金主催フィリピン・ニュージーランド・パラオ公演
  • 2006年 沖縄文化協会賞(仲原善忠賞)<琉球舞踊の技法研究>。
  • 2012年~日韓文化交流基金助成事業〈芸術交流〉制作・出演(ソウル・東京)
  • 2014年 「志田房子・真木 二人会」(日本橋劇場)